新・三つの棺-「幻影の書庫」日記

本格ミステリ書評サイト「幻影の書庫」の旧管理人のブログです。カテゴリー欄の全レビュー索引より、書評、映画評、漫画評、その他評の全一覧リストを見ることが出来ます。同じくカテゴリー欄の年間順位表より各年度の新刊ミステリの個人的ランキングを確認出来ます。

mystery

短編ミステリ漫画十選(その5)

短編ミステリと言いながら、ここまでシリーズ中の一作を選んできてしまったので、ここらで本当の単発物を。夜の歌 (少年サンデーコミックス)作者: 藤田和日郎出版社/メーカー: 小学館発売日: 1995/07メディア: コミック クリック: 20回この商品を含むブログ …

短編ミステリ漫画十選(その4)

少女漫画、少年漫画、青年漫画という流れで来たからには、次はもっとアダルトなエロ漫画の世界へ(つってもそんなにエロエロではないので、普通(何をさして言う?)の人でもきっとOKだぞ)。まりなミステリーファイル 2 (BUNKA COMICS)作者: 白虎丸出版社…

短編ミステリ漫画十選(その3)

少女漫画、少年漫画と来たら、やはり今度は青年漫画から。ホームズ 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: 久保田眞二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2001/01メディア: コミック クリック: 15回この商品を含むブログ (3件) を見る久保田眞二「ホームズ(全2巻…

短編ミステリ漫画十選(その2)

少女漫画に続いては、少年漫画から。まずはキャッチーなところで超メジャー級を登板させよう。ゴージャス アイリン (ジャンプスーパーコミックス)作者: 荒木飛呂彦出版社/メーカー: 創美社発売日: 1987/02/10メディア: コミック購入: 1人 クリック: 65回この…

短編ミステリ漫画十選(その1)

正直なところこの頃ネタに困ることが増えてきたので、新たな企画物を立ち上げることに。 随分以前に企画してはいたのだけど、結局コンテンツには仕上がらなかったコレを改めて。 「短編ミステリ漫画」という括りにはしたけど、正直完璧な単発物で揃えるのは…

奇術探偵ジョナサン・クリーク 特別版 「怨恨の木」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 2010年イースター・スペシャル。2009年版に続いて、相方はジョーイ。謎解きのWebsightを運営と、事件に遭遇するお膳立てが出来てる設定なんで、このままTVシリーズ版にしてくれたらいいのに〜〜! …

奇術探偵ジョナサン・クリーク 特別版 「悪夢の部屋」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 TVシリーズ最後のシーズン4(2004年終了)から5年明けた2009年ニューイヤー・スペシャル。三代目の相方、謎解きのWebsightを運営するジョーイが登場。代替わりする毎に横幅が狭くなり、若返って、美…

奇術探偵ジョナサン・クリーク 特別版 「特別な存在」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 本作は2001年のクリスマス・スペシャル(シーズン3と4の間)で、このスペシャル版からマディに変わって、初めて二代目のカーラが登場。パイロット版だからというわけか、TVシリーズ版とは設定が違うよ…

SMな三冊が到着する

金・土・月と、続けざまに原書房様より寄贈本到着。いつもどうもありがとうございます。 いずれもサディズム・マゾヒズムのSMな作品じゃないのかしらん、と題名を見てのけぞる。 「第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 受賞作」の二作が凄いことにな…

奇術探偵ジョナサン・クリーク 特別版 「窓の向こう側」

ようやく特別版四作が全て録画出来たので、久々にこのコーナーの復活。 【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 本作は1998年のクリスマス・スペシャル(シーズン2と3の間)なので、相手役は初代のマディ。 マレラ・カーニーは、かつて“ブラ…

Sの紋章 答合わせ

というわけで届いたよ、解答編。 犯人も違っていたとは…… ぐふっ。あっちの方でも出しときゃ良かったよ。 しっかし、書かれていることは素直にそのまま押し戴くしかなかったのね。 そんでもって、書かれていないことは何だってあり得ると思うしかなかったの…

ヒッチコック劇場 シーズン1 第四話「ひき逃げを見た」

12/13 AXNミステリー放映作品。このブログのコメントでお薦めをいただいた作品。 第4話「ひき逃げを見た!」 I Saw the Whole Thing 推理作家バーンズはひき逃げの罪で告訴されてしまう。事故の目撃者である5人全員が「車は一時停止しなかった」と証言するが…

本ミスとすご文

というわけで、昨晩が本ミス投票の〆切日。 仕事忙しかったし、土曜日〆切だと思いこんでたこともあって、事前準備がほとんど出来ていなかった。二割ほどは書けていたのだけど、残り八割は帰宅後の三時間勝負。もう既に楽な趣向のアイデアが残っていなかった…

ゼロ年代海外本格ミステリ・ベスト5(『幻影の書庫』選)

結局昨日は一日バテあがっていたので、親父の焼き鳥レポートは書けず仕舞い。明後日の休日にはなんとか仕上げたい。 とはいえ、全く代わりのネタがないよ。漫画も未読作品ばかりが溜まってるし。 そんなわけなので、〆切前の公表はマナー違反だとは思うが、…

ゼロ年代海外本格ベスト

原書房からの依頼が昨日届いた。 この10年間の海外本格ミステリのベストを選出するのだそうだ。この期間の初訳・改訳・完訳作品から、ベスト5を投票せよとのこと。いやあ、しかし、このミスならともかく、本ミスでこの10年に絞ったベストを選出する意義はあ…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第二十四話「不吉な像」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 第四シーズン、最終話。 #24 「不吉な像」 有名なシェフであるオーウェンは、古代日本で埋葬されていた僧侶の像を1ヵ月だけ美術館に展示することになったが、像は、ある日突然消えてしまう。オーウ…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第二十三話「閉じ込められた希望」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #23 「閉じ込められた希望」 TV番組で警察の密着取材をするカーラは、ある日、施錠された部屋で男性の遺体が発見され、警察と共に同行することになった。フェル警部は、被害者が睡眠時無呼吸症で亡…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第二十二話「欺いた砂浜」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #22 「欺いた砂浜」 ゴーストハンターのジャスティンが、自宅でFAXを受け取った後、酔ってボートを暴走させ命を絶った。そのFAXはジャスティンの愛人が、夫との離婚が合意した、と知らせるものだった…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第二十一話「仕立て屋の人形」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #21 「仕立て屋の人形」 ファッション界の帝王マルコ・バーグマンが自宅の部屋から投身自殺をした。マルコの部屋には、ドナ・ヘンリーに酷評された新聞記事が残されていた。後日ドナは、マスクをつけ…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第二十話「マリアの髪」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #20 「マリアの髪」 音楽プロデューサーのダドリーは、歌手のサリーと結婚したが、生身の妻より自らが創り上げた映像の「サリー」に魅力を感じ、ビデオを眺める毎日だった。そんな時、ダドリーはマリ…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十九話「最期の言葉」

おっと、ネタに困ってしまったから、これを再開しよう。 【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 ここからいよいよ4'thシーズン(最終シーズン)の開始。 #19 「最期の言葉」 何者かによって若い女性が2人絞殺された。事件の手がかりは、ク…

「盗まれた手紙」実践編(仮)

事件はなにげない日常の謎から始まった。 図書館から借りていた「騙し絵」が消失してしまったのだ。 勿論六人の探偵が見守る中から消え失せたわけではない。 家に持って帰ってブックカバーを外したのは覚えている。きっと家の中にあるはず。 読み終えた図書…

バカミス・トンミス概念図

昨日の日記の注にも書いたことだが、自分の言葉の使い分けを示すために、私自身がこうだと思っている概念を図で表してみることにした。 それがコレだ。 ”ミステリ”の全体領域を薄い水色で示す。 その底辺の方に「こりゃミステリとしてダメだろ」な”ダメミス”…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十八話「這い上がった死体」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 これが3'rdシーズンの最終作品。 #18 「這い上がった死体」 フロイド、カレン、ジョーは、ドラッグの受取情報を得るため、ガイガーと会うが、話がこじれて、フロイドはガイガーを撃ち殺してしまう。…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十七話「ジャッキーと会った夕暮れ」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #17 「ジャッキーと会った夕暮れ」 ミステリー作家の集会へ参加したジョナサンは、ファンの一人から奇妙な事件が起きたと伝えられた。それは、数々の有名人との情事を新聞に暴露した元モデル・ジャッ…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十六話「亡霊の鍛冶屋」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 久しぶりに再開(ネタが尽きてきたともいう)。 #16 「亡霊の鍛冶屋」 記者のミミが、事件の謎解きをして欲しいとジョナサンを訪ねてきた。彼女は執筆大会の優勝者ロビンと不倫の関係にあり、彼が寝…

答合わせ(2010本格ミステリ・ベスト10)

原書房様からの頂き物。いつもありがとうございます。 2002年度版からこれで9年目、この本にコメント書かせて貰っています。本格ミステリ・ベスト10 2010作者: 探偵小説研究会出版社/メーカー: 原書房発売日: 2009/12/04メディア: 単行本 クリック: 31回この…

今年の本格はコレだ!

というわけで、ようやく〆切日の本日、投票終了。 今年はスタート出遅れてしまって、書き始めたのが四連休最終日。海外編の趣向コメント完成したのが、今朝の7時だったぜい(5時過ぎから起きて最後の仕上げ)。 というわけで国内編コメントは昼休み30分でで…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十五話「寒い国から来た物体」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #15 「寒い国から来た物体」 ある日マドリンのもとに、「明日の夜8時にカメラを持って倉庫へ来るように」と書かれた不可解な手紙が届いた。翌日マドリンは指示通り場所へ向かうと、グラウマン教授が…

奇術探偵ジョナサン・クリーク第十四話「完璧すぎるアリバイ」

【奇術探偵ジョナサン・クリーク(ほぼ)全作レビュー】 #14 「完璧すぎるアリバイ」 パーティーでハイジという女性と知り合ったジョナサン。ハイジは、一緒に住んでいるオードリー叔母さんから、夢で見たことが現実に起こったということを聞く。実際に事業…