ジグソーパズル48

ジグソーパズル48

ジグソーパズル48

 
タイトルの48って何だろうと思って、そうか、各短編の数字の合計だな、と気付いて、
一人ふふふってほくそ笑んでたら、なんと表題含めて全部がAKBの曲名だったとは。
そっちの意味でも48だったのか。
「GIVE ME FIVE」 はそうだよなと気付いてたけど、他も全部とは思わなんだ。
なんか登場人物名も結構もじってあるらしいんだけど、気にせず読み飛ばしてたよ。
一時期は結構把握してたんだけどなぁ。
 
ただAKBモチーフであろうが、表紙がポップであろうが、
中身はそんな雰囲気とは、全く相容れないような、ゴリゴリのパズル小説。
解き味はミステリと云うより、ホントにパズルそのものってのも多い。
イニシエーション・ラブ」だけ読んでて、ジャケ買いした人は戸惑ったかも。
ただまぁナゾトレや脱出ゲームに馴染んでる世代は、普通のミステリよりついてけるのかも。
 
私自身はミステリもパズルもどちらも大好物なので、本書の採点は7点。
 
ベストは「マルキュー」だな。着想がぶっ飛んでて、実にパズル的。
それでいてわかりやすい実例が伏線として機能してるので、納得させられてしまう。
 
第二位は年間ベスト本で既読の「ラッキーセブン」。完全なゲーム小説。
ゲーム開始させる女の子がマジキチ過ぎるので、 不快感を覚えるのが難点。
 
第三位は「女の子の第六感」で。文字に関するナゾトレだね。

ブレイン・ゲーム

TSUTAYAの新作・準新作5本1,000円で鑑賞。

 
≪名優アンソニー・ホプキンス主演&製作総指揮!2大スター俳優が火花を散らす、熾烈なる頭脳戦。
 相手の一手二手先を制し、未来を読み勝て!≫ 
 
この惹句にまんまと惹かれてしまった私がいるよ。
 
未来を読み通せる超能力者同士の頭脳戦。
上手くすれば、ジョジョデスノートのような頭脳戦が見られる可能性もあるかもと、
どうしても期待感は高まってしまうが、さすがにそこまでのもんは全く無かったな。
 
思ってたよりも、はるかに地味~~な展開。
結構なカーチェイスとかはあったりもするんだけど、本筋とはちゃうし。
 
そんなアクションとか、心理戦・頭脳戦と云うより、
とある概念を受け入れるかどうかと云う、”戦い”ではなく”問いかけ”。
 
未来を知り通せる超能力者であるが故の苦悩、ジレンマ。
 
原題は「Solace」で、「慰め、安堵、癒やし」といような意味らしいから、
たしかにそっちの方がこの映画の本質を表してもいるんだけど、
騙されちゃうこの邦題と売り方の方が、商業的には正しいんだろうって気もするよ。
ただ、結局は”騙し”に過ぎないけどね。

スウィンダラーズ

TSUTAYAの新作・準新作5本1,000円で鑑賞。

スウィンダラーズ [Blu-ray]

スウィンダラーズ [Blu-ray]

 
コン・ゲーム物なので、事前知識はあまり持たずに観られた方がいいです。
 
完全ネタバレ無しで感想の要約だけ書いておくと、
完全に騙されたいという期待感であれば、あまりお薦めはしないかも。
個人的には非常にわかりやすい部類の作品だと思ってしまった。
手練手管が愉しめればいいという期待感であれば、かなりお薦め。
この辺はとっても痛快で、相当に気持ちの良い作品だと思う。
 
以下は同じことを書いてるんだけど、内容を推測出来てしまうような記述になってると思うので、
ここから「続きを読む」に入れておきます。
この頁の開き方によっては表示が出ないので、数行空けておきます。未見の方はご注意を。

続きを読む

万引き家族

TSUTAYAの新作・準新作5本1,000円で鑑賞。

 
どう受け止めれば良いのか、難しい気がした。
 
普通に考えれば、家族という繋がりが現在抱えている様々な社会問題
児童虐待問題、貧困問題、年金不正受給問題、など)を
あえて繋がりの無い”疑似家族”というものをベースに描き出した作品、
という解釈になるのだろう。
 
でも、それでは主張が無い。
 
尋問シーンでの安藤さくらの台詞
「捨てたんじゃない、拾ったんだ。捨てた人は別にいるんじゃないですか」
本編中もっとも心を揺さぶるこのシーンは、何かを訴えているように思う。
 
リリーが「お父さん」と呼ばせたがっているように見えたり、
「おじさんに戻るよ」という台詞の中にも、何か別の、
あるいはひょっとしたら共通なのかもしれない主張も感じられる。
 
これらは疑似家族をベースに、現代の家族問題を描いたというのではなく、
疑似家族であることの、この映画としての必然性を示しているように思えたのだが、
残念ながらそこを自分が読み取ることは出来なかった。
 
是枝監督には未見だが「そして父になる」という作品もある。
血の繋がった家族と、育ての家族。
どちらを選ぶのかという作品だと思うのだが、どちらが選ばれたのか知らない。
それを知れば、ひょっとしたら本作を読み解くヒントになるのだろうか。
 
ネットでネタバレ探してみようかとも思ったけど、まぁやめておこう。
自分にとっては解釈出来なかった作品ということでいいや。
知ったら知ったで、また悩むということにもなりそうだし。
 
そういえば「海街diary」だって、ある意味家族と疑似家族との物語だったな。

コーヒーが冷めないうちに

TSUTAYAの新作・準新作5本1,000円で鑑賞。

コーヒーが冷めないうちに 通常版 [Blu-ray]

コーヒーが冷めないうちに 通常版 [Blu-ray]

 
以前「王様のブランチ」での紹介見た時点で、
薬師丸ひろ子松重豊のシーンで泣きそうになってしまったので、
TSUTAYAで準新作になったら借りようと思ってて、この機会に一足早く新作で見られた。
もちろん家人が誰もいない時を見計らっての鑑賞。
 
いやあ、やはり予想通り、
薬師丸ひろ子松重豊のシーンでは、もうボロボロに。
松重豊の顔を見てるだけで、リアルに伝わる心情に締め付けられる。
薬師丸ひろ子の方も、それに充分応えてくれる表情と台詞回し。
二人の演技力もの凄ぇ~とおそらく左脳の一部では感じつつも、
二人の心情のそれぞれにどっぷりとはまりこんでしまって、
もうこんなの泣くしかないやん。
 
映画全体としてはオムニバス形式と云うこともあってか、
TVドラマみたいな軽さが感じられはしたんだけど、
このエピソードだけで(というよりこの二人の演技だけで)
これは充分観る価値があって良かった。
原作読んでたとしても、自分の脳内で想像し得るより、きっと遙かに上だから。
(手紙持ち帰るとこだけは、設定に矛盾ありとは思ってしまったけどね。
 ここはあくまでも現在の時間軸の中で、手紙を手に入れさせて欲しかった)
 
あと最終話の時間物設定の微笑ましい使い方もなかなか。
エンドクレジットでの描き方も楽しくて、後味も非常に良かった。
(ただこれも”過去は変えられない”という設定に矛盾してるように思う。
 これは時間移動が行われた現在の方が歴史として確定したので、
 未来から見た過去(現在)を改変したわけではないという理解かな?
 またもう一つ、彼氏が時間を指定できたのも、とても謎だった。
 一回、佳純ちゃんに未来に飛ばしてもらう必要があったのでは?
 将来自分がこうさせると決めたから、未来の自分は絶対にこうするという
 自信を持って、時間指定も出来たという解釈も考えてみたけど、
 その時間に石田ゆり子がトイレに立つ予測は出来ないので、それも無理。
 というか、一回飛ばして貰ったとしても、これは無理だなぁ。
 それより何より、時間まで指定しておいて、彼氏なんで立ち会ってないんだよ?
 見ておきたい要求に勝てる人いるなんて思えないな。
 ああ、もう、そういうあれやこれやは真剣に考えちゃいかんぞってことだな)