新・三つの棺-「幻影の書庫」日記

本格ミステリ書評サイト「幻影の書庫」の旧管理人のブログです。カテゴリー欄の全レビュー索引より、書評、映画評、漫画評、その他評の全一覧リストを見ることが出来ます。同じくカテゴリー欄の年間順位表より各年度の新刊ミステリの個人的ランキングを確認出来ます。

DUNE/デューン 砂の惑星

10/16(土) イオンシネマ新百合ヶ丘にて鑑賞。
f:id:tsuki0214:20211018075828p:plain
 
映画冒頭で「part one」の表示が出てきて、あっ、そりゃ、そうか、と思ってしまう。
それまではすっかりこれで完結するんだと思ってしまってた。
勿論それ事前に知ってても当然行くべき映画なんで、それは別に構わないんだけど。
というか、そうじゃなきゃ、逆に困る。これ一作で長尺の原作を描き切るなんて無理だものね。
やはり三部作なのかなぁ。あんまし、こういう情報出てなさそうだけど。
(どうも調べてみると、原作を二部で描き切り、続編「デューン/砂漠の救世主」を
 三作目で描いて三部作にするという構想のようだな)
 
大学のSF研に入部当時(もう40年近く昔の話だ)、まるで入部資格かと思えるほど、
皆が読んでて、必読書扱いされてた双璧が、「指輪物語」と「デューン/砂の惑星」だった。
部長も務めたくせに、結局在学中にこれらを読むことは無かった。
その後指輪は読めたけど、いまだこちらは読む機会無く、ずっと心に引っかかってた作品。
 
まずはようやくどういう話なのかを知れて感激。
原作読んでないんで完全には理解しがたいところが幾つかあったりはしたけど。
(それ自体が理解出来ないというわけではなく、背景がとかいう意味でね。
 お母様の能力とか、伝説みたいに挙げられる名前を含む単語が幾つかとかね)
 
でも、そういうものだと受け容れてしまえば、別にわかりにくいわけではなく、
エンタメとしてのストーリー性に没頭できるので、問題なし。
SFとは云っても、まるで中世の貴族社会の権謀術数みたいな話だしね。
戦い方も剣戟だし。
 
まぁ導入部(観たときの感触では前半部というよりは、このイメージだった)だし、
スピード感で酩酊させるようなハリウッド超大作とは一線を画す作品だと思うし、
(この監督の「メッセージ」も「ブレードランナー 2049」もそんな作品だったしね)
この映像込みでじっくり愉しめる、存分に満足できる出来映えだった。
 
興業結果がちゃんと出て、二作目、三作目が無事に作られることを祈るばかり。
勿論、観に行きまっせ。
 

伝説なのは幼女ではありません

今日は「DUNE/デューン 砂の惑星」を観るために新百合まで歩きing。
映画冒頭で「part one」の表示が出てきて、あっ、そりゃ、そうか、と思ってしまう。
でも、その方が嬉しいからいいや。三部作なのかな?
 

新百合まで歩いてる途中で100円オフクーポンが送られてきたのでこの値段で。
2は大判の方で持ってるんだけど、特に読めりゃあいいんで、その辺にこだわりはない。
 

金田一37歳の事件簿 4巻~5巻

 
4巻、5巻をほぼフルに使って、「京都美人華道家殺人事件」
 
ようやく以前の金田一に完璧に戻ったような作品だったかな。
フーダニット、ホワイダニット、特殊なハウダニット、映像ならではの手がかり、など、
凝った仕掛けがふんだんに使われている。
 
まぁ、これが手がかりに結びつくよな、というシーンが明確だったから、
その手がかりが出たとこで、犯人はすぐわかってしまうというのが、ちょいと弱いが。
 
ベスト級では全くないものの、復帰したかな感がようやく見えて、
次の舞台は異人館ホテル。完全復帰への期待が高まる。
 

金田一37歳の事件簿 3巻~4巻

 
倒叙物の「タワマンマダム殺人事件」は3巻でほぼ解決。
動機の説明だけを4巻の頭でやって完了。
 
倒叙物にする意味合いはほとんど感じられなかったなぁ。
犯行の手順は描かれたとこだけでわかるから、意外性は感じられないし、
手掛かりも決め手も、さほど面白いものでは無かった。
 
本格にしちゃうと、仮面はアンフェアっぽくなっちゃうし、
誰が犯人かって読者が選ぶ余地無いし、っていう消極的理由かなってね。
 
マダム三人の右往左往という語り口の面白さが狙いか。
意外に三人三様の動機設定とかの方が面白かったり。
 
まぁ箸休めのお話みたいな感じだったな。
 

唄う骨

 
収録作品は「唄う骨」「くすねた銅貨」「ネズの木」
「アオカミ」「Who's cendrillon? 灰かぶりは誰だ」
 
グリム童話モチーフの短編漫画集。
 
青髯、シンデレラはわかるけど、それ以外は元ネタ自体を
知らなかったので、検索してあらすじ調べてみたよ。
 
元ネタを現代人にも理解しやすい諸問題に換骨奪胎した
アレンジの仕方はなかなか。
ただ全作品、ダークなものばかりだからな。
(シンデレラは少し違うか)
 
ベストはすれ違いの感情が刺さる「くすねた銅貨」だな。