mystery

2019年度ミステリ順位表('19.08.23更新)

国内 1位:魔眼の匣の殺人 今村昌弘 8点 2位:殺人犯 対 殺人鬼 早坂吝 8点 3位:或るエジプト十字架の謎 柄刀一 7点 4位:魔偶の如き齎すもの 三津田信三 7点 5位:ジグソーパズル48 乾くるみ 7点 6位:ノースライト 横山秀夫 7点 7位:早朝始…

#平成ミステリベスト

3月27日の日記のコメントで、お誘いを受けたTwitterの企画。 ーーー 【平成ミステリベストアンケート】 https://twitter.com/WasuiMatui2014/status/1109062206337892354?s=19 ーーー こんなの、乗っからないわけにはいかないよね。 ただ、今日いっぱいが締…

東京創元社2019年新刊ラインナップ説明会レポ(番外編:私の神7)

そりゃやっぱり、両先生に倣って、自分も創元推理文庫の神7なるものを選んでみたくなるっしょ。 (作者名・作品名は自分が買った当時の表記で記載しています) 【 私の神7 】 アガサ・クリスチィ「ABC殺人事件」 もうこれは不動の一冊。初めて自分の小…

東京創元社2019年新刊ラインナップ説明会レポ(第四回:個人的注目の新作編)

せっかく紹介を受けたので、自分自身の注目作品をピックアップしてご紹介。 【 国内ミステリ編 】 今村昌弘「魔眼の匣の殺人」 02/20本日発売 やはり国内ミステリ界の注目度は最高だろう。 これまでさんざん新人賞に応募してきてたわけではなく、ストック無…

東京創元社2019年新刊ラインナップ説明会レポ(第三回:レポ最終戦)

トークショーの後は、映像化情報紹介。予告編映像などが流された。 まずは「HHhH (プラハ、1942年)」を映画化した「ナチス 第三の男」。 続いて「移動都市」をリング三部作のピーター・ジャクソンが映画化した 「移動都市/モータル・エンジン」、超大作なの…

東京創元社2019年新刊ラインナップ説明会レポ(第二回:レポ中盤戦)

休憩の後、北村薫先生と宮部みゆき先生による、創元推理文庫創刊60周年記念トークショー。 北村先生の一言で、当初の予定より長い1時間枠になった様子。 宮部先生は、若々しいちっこい可愛いおばちゃんが、若さ保ったまま年齢だけ上がった感触。 北村先生は…

東京創元社2019年新刊ラインナップ説明会レポ(第一回:レポ前半戦)

というわけで2月13日に行ってきました。 報道陣が若干名と、招待客170名前後くらいだったかなぁ。 アーカイブで見られますので興味ある方はどうぞ。 まずは写真から。 左上から、酉島伝法先生、小林泰三先生、酒寄進一先生、今村昌弘先生。 左下から、山田蘭…

東京創元社のイベントに潜入せよ!

試しに応募したら当選したので、2月13日に都内某所で開かれる 「東京創元社 2019年新刊ラインナップ説明会」ってのに招待されてきます。 プレスリリースはコチラ。 東京創元社2019年注目の新刊紹介がメインだけど、 北村薫&宮部みゆきによる創元推理文庫創…

2018年度ミステリ順位表('19.04.03更新)

国内 1位:本と鍵の季節 米澤穂信 8点 2位:パズラクション 霞流一 8点 3位:ドロシイ殺し 小林泰三 7点 4位:碆霊の如き祀るもの 三津田信三 7点 5位:アリバイ崩し承ります 大山誠一郎 7点 6位:叙述トリック短編集 似鳥鶏 7点 7位:夏空のプ…

2018年度ミステリ順位表(旧版)

こちらは旧版なので、最新版は12/31の日記を参照してください。 国内 1位:本格ミステリ戯作三昧 飯城勇三 8点 2位:ドロシイ殺し 小林泰三 7点 3位:碆霊の如き祀るもの 三津田信三 7点 4位:夏空のプレアデス 雨露山鳥 7点 5位:風神の手 道尾秀…

現代海外ミステリ・ベスト10(「幻影の書庫」選)

昨日の日記で予告してた案件。早速選んでみた。 まず「現代」の定義をどうしようかと迷ったんだけど、 自分自身の同時代性として、70年代、80年代まで入れちゃうと、 なんか既にもう古典臭がしてそうな作品が何作も入ってしまうし、 2000年以降にしちゃうと…

黒井戸殺し

04/14 フジテレビ放送分。 いやあ、面白かった。 それでいて原作に忠実っぽい。 (自分の記憶には全く残ってないけど、妻は見ながら 色々と思い出したところがあって、それらは合致してた) 勿論、三谷ならではのくすぐるユーモアは、 たっぷりと盛り込まれ…

2017年度ミステリ順位表('19.06.14更新)

国内 1位:鮎川哲也探偵小説選 鮎川哲也 9点 2位:本格ミステリ戯作三昧 飯城勇三 8点 3位:7人の名探偵 講談社 8点 4位:狩人の悪夢 有栖川有栖 8点 5位:屍人荘の殺人 今村昌弘 8点 6位:ホワイト・ラビット 伊坂幸太郎 7点 7位:双蛇密室 …

2016年度ミステリ順位表

国内 1位:図書館の殺人 青崎有吾 8点 2位:許されようとは思いません 芦沢央 8点 3位:ノッキンオン・ロックドドア 青崎有吾 7点 4位:いまさら翼といわれても 米澤穂信 7点 5位:ケムール・ミステリー 谺健二 7点 6位:桜と富士と星の迷宮 倉阪…

これこそが本格

Twitterで、本格ミステリ・オールタイムベストアンケートをやってるという 案内を受けたので、10作品を選出してみることにした。 先程ツイート完了(ハッシュタグ #ATB本格)。以下、選考理由説明。 東西問わず10作品って、泣きたくなるよな極端な制限なので…

ライトノベル・少女小説から選ぶオールタイムベストミステリ

7/23の日記のコメントで、またまたこんな企画やってるのを知って、しょうこりもなく参加。 こういうのってやっぱり楽しく悩めるんだもの。 以下が、投票した十作品(順位無し、著者名五十音順で) ・GOTH(乙一) ・八月は一夜限りの心霊探偵(霧舎巧) ・ト…

オールタイムベスト短編(海外編)

続いて、海外編にも参加。 1.エドガー・アラン・ポー「盗まれた手紙」 2.アントニー・バークリー「偶然の審判」 3.ロード・ダンセイ「二壜のソース」 4.ディクスン・カー「第三の銃弾」 5.G・K・チェスタトン「折れた剣」 6.アガサ・クリスティー「検察側…

オールタイムベスト短編(国内編)

全く活用してなかったTwitterだけど、6/2のブログでお誘い受けたので、こんな楽しい企画に参加。 なんと国内ミステリ短編のオールタイムベストを決めようって企画なのだ。 興味ある方は #ATB短編 というハッシュタグで検索だ! ちなみにベスト50の結果がココ…

NHK 謎解きLIVE 英国式ウイークエンド殺人事件

12/7,8に二夜連続でBSプレミアムにて放送されたもの。 イギリスで人気の「体験型ミステリーツアー」。事件のシナリオが仕込まれたツアーに、犯人、被害者、容疑者、刑事を演じる俳優が客に紛れている。“探偵”としてツアーに参加する客は、次々に起こる事件を…

追悼:連城三紀彦氏

19日に連城氏が亡くなっていたそうだ。 http://mainichi.jp/select/news/20131022ddm041060064000c.html 詩情性と意外性をこれだけ融合できる作家は、他に存在しない。 きっとこれからも氏を越える人は現れてはこないだろう。 個人的な思い出を語らせて貰お…

週刊文春臨時増刊 東西ミステリー ベスト100(コメント掲載されてます)

文藝春秋社からの頂き物。どうもありがとうございます。 読了ではないので、[book]タグは付けずにおきます。週刊文春臨時増刊 東西ミステリー ベスト100 2013年 1/4号 [雑誌]出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/11/21メディア: 雑誌購入: 7人 クリック: …

忘却の彼方

すっかり忘れてました、SRの会ベスト投票。 今日結果が掲載されたマンスリーが送られてきて、ようやく思い出した次第。完璧に忘却の彼方だった〜 ところで今回の結果(コチラを参照ください)はかなり意外。 SR色がかなり薄い結果だったんじゃなかろうか。 …

本格ミステリ・ベスト10投票

もうだいぶ過ぎちゃった話だけど、先々週末の金曜日(11/04)が、これの〆切。 ミステリ畑以外の人で読んでくださってる人向けに一応説明しとくと、毎年年末になると、その年のミステリで何が良かったかを有識者(?)の投票で決めちゃおうという、ランキング本…

21世紀本格短編

原書房より封筒が届く。 「あれ、今年、異様に早くね?」と思ったら、本ミスの投票依頼より先に、21世紀本格短編ベストのアンケート依頼だった。 そりゃあもう総合点として麻耶くんは一位に入れなくちゃいけないわな。どの作品を選ぶかだけ。 それと絶対に入…

探偵小説評???

まずはやはりこの叙述形式の斬新さに心惹かれる。 章ごとに入れ替わりながら、呼応しているようでいて、 同じ出来事を表面、裏面から描き出していくのだ。 そして、この短さの中に巧みに織り込まれていく伏線。 徐々に盛り上がっていくサスペンス。 結末こそ…

短編ミステリ漫画十選(その5)

短編ミステリと言いながら、ここまでシリーズ中の一作を選んできてしまったので、ここらで本当の単発物を。夜の歌 (少年サンデーコミックス)作者: 藤田和日郎出版社/メーカー: 小学館発売日: 1995/07メディア: コミック クリック: 20回この商品を含むブログ …

短編ミステリ漫画十選(その4)

少女漫画、少年漫画、青年漫画という流れで来たからには、次はもっとアダルトなエロ漫画の世界へ(つってもそんなにエロエロではないので、普通(何をさして言う?)の人でもきっとOKだぞ)。まりなミステリーファイル 2 (BUNKA COMICS)作者: 白虎丸出版社…

短編ミステリ漫画十選(その3)

少女漫画、少年漫画と来たら、やはり今度は青年漫画から。ホームズ 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: 久保田眞二出版社/メーカー: 集英社発売日: 2001/01メディア: コミック クリック: 15回この商品を含むブログ (3件) を見る久保田眞二「ホームズ(全2巻…

短編ミステリ漫画十選(その2)

少女漫画に続いては、少年漫画から。まずはキャッチーなところで超メジャー級を登板させよう。ゴージャス アイリン (ジャンプスーパーコミックス)作者: 荒木飛呂彦出版社/メーカー: 創美社発売日: 1987/02/10メディア: コミック購入: 1人 クリック: 65回この…

短編ミステリ漫画十選(その1)

正直なところこの頃ネタに困ることが増えてきたので、新たな企画物を立ち上げることに。 随分以前に企画してはいたのだけど、結局コンテンツには仕上がらなかったコレを改めて。 「短編ミステリ漫画」という括りにはしたけど、正直完璧な単発物で揃えるのは…