T2 トレインスポッティング

04/07 ムービーチャンネル放映分。

 
続けざまに見てしまったわけだけど、前作から20年ぶりの続編。
 
主要メンバ4人ともがオリジナルキャスト。
映画の世界と同じだけの年を取っているわけで、
違和感なく世界観が継続されている。
 
それぞれがいかにもな生き方をしてたことがすぐにわかるし。
一番ましになりかけた主人公だって、そううまくはいかない。
結局はジャンキーの妄想映像世界に逆戻りだ。
 
でもって、20年経っても、映像のスタイリッシュさは相変わらず完璧。
影の演出なんか、むっちゃカッコよかったし。
疾走感はやっぱり少し薄らいだようには思えたけど。
 
こういうスタイルで見せる作品を、20年も間を空けて、
このクオリティだなんて、続編としては出色の出来かも。
 
とはいえ、やっぱり自分に受け容れられる作品ではないので、
もうこれで見納め。