名探偵コナン ゼロの執行人

04/26 日テレ1放映分。

 
これはもう子供向け映画では全然無いなぁ。
 
大きいお嬢ちゃん達が熱狂したって点を抜きにしても。
 
ここにきて完全に大人向けに振り切ったような印象。
ストーリーも、ここで描かれる組織の構造も、
ひどく込み入った難解な話になっちゃってるよ。
自分自身、一回ではよく理解出来てないかもと思えるほど。
 
ただその分と云って良いのか、アクションや推理要素は、
いつも以上に充実した出来映えだったんじゃなかろうか。
 
謀略物だから、殺人事件は起きないんだけども、
意外な犯人という謎解きは行われる。
 
それより何より一番しびれたのは、
あのホワイ(何故小五郎がスケープゴートに選ばれたか)だったなぁ。
 
アクション要素もいよいよ宇宙に飛び出しちゃうし。
(キャラクタが飛び出ちゃったわけではないけども)
 
これだけ続いてて、まだスケールアップしてくれるって凄いことかも。
くれぐれも勘違い方向には行って欲しくないけどね。