伊藤典夫翻訳SF傑作選 最初の接触

 
前作は”時間・次元テーマ”ってのが、性に合ってたからだったのか。
宇宙編の本作は、残念なことにほとんど自分に響いてくる作品は無かった。
でも、次のテーマも出たら読むつもりだ(一体なんだろう?)。
 
「最初の接触マレイ・ラインスター
こういう考え方がスタンダードだった時代があったということかな。いかにもな古典。
今は当然違うだろうけれど、現代の理論的考え方はどうなってるんだろうかと気になる。
 
「生存者」ジョン・ウインダム
SFホラーの一つの基本形。う~ん、結末は途中で見えてても、やはり読後感が……
 
「コモン・タイム」ジェイムズ・ブリッシュ
光速を越えた際の時間感覚の描写が非常に興味深かった。この着想だけの短編を読みたかったなぁ。
 
「キャプテンの娘」フィリップ・ホセ・ファーマー
火星とか金星とかの懐かしのヒーローSFの雰囲気。たしかに昔の王道の一つ。
 
「宇宙病院」ジェイムズ・ホワイト
ある意味ハチャメチャSF。4文字分類の詳細設定があれば知りたい。
 
「楽園への切符」デーモン・ナイト
宇宙のどこにたどり着くのか、行き先も定まらない一方通行の旅なのに、予感の余韻が良い。
犯罪抑止のために“分身”という施術で精神管理されているというサブアイデアもなかなか。
 
「救いの手」ポール・アンダースン
文明論とでも云うのか、哲学的な話。なんとなく回りくどくて読み辛かった。
 
飛び抜けた作品は全然無いんだけど、ベストは「楽園への切符」かなぁ。
古典の型を示した「最初の接触」と、シンプルに「キャプテンの娘」でベスト3。