星の恋物語

 
占い師の宣伝本の可能性も感じられる、
コンセプトは怪しげな本なのだけど、
作品集としては意外に悪くなかった。
 
中でも二作品が特出して良い。
 
まずは大好きな少女漫画家である谷川史子
「星のような、雪のような」がもうなんとも。
幼馴染み愛のすれ違いのらせんの果てに、
乙女な気分でキュンキュンしちゃいますの。
 
もう一作は天乃咲哉「惑う星のゆく未来(さき)」。
画がとっても可愛いし、ミスリードも効かした演出が
とても良い。最終ページを読んで幸せな気分になれる。
 
あと一作選ぶとすれば、迷うけど、志村貴子「秘密」かな。