魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

 
読了本は何冊かあるんだけど、まずはこの最注目の新作から。
 
先日のラインナップ説明会にて、前作を簡単には越えられないことは自分自身でも受け止められてて、
自分の書きたい物を書くしかない、本作はハードルの下をくぐるように書かれたという話だった。
しかもサイン会の時に伺った話だと、以前から構想してたものではなく、今回新たに一から全て考え出された作品みたいだった。
 
そんな中での本作は、受賞後(しかも三冠王)第一作の期待を充分満たしてくれる作品だった。
飛び越えまではしなくても、ちゃんとハードルを踏み越えた作品に仕上がってると思う。
 
クローズド・サークル自体はさすがに普通のミステリと同じにはなってるけれど、
前作同様、歪(いびつ)な設定が、しっかりと作品世界全体を支配している。 
それ故の動機も描かれているわけだけど、説得力を持たせるには弱く感じられるところを、
きっちりと補完してくれるところなど、手が行き届いている。
(途中段階からこの動機がほぼ前提条件になってたのが気にかかってたけど最後は納得)
 
あるジャンル小説の最大の弱点となっていたところを
(この辺結構苦しげまぎれな処理しちゃう作者も多い中)
きっちりと意識した解を与えているところも、本格者として嬉しい。
 
本格のルーチンの踏まえ方が読んでて気持ち良いのだ。
論理パズルみたいなロジック展開もあって、笑っちゃうくらいの心地良さ。
 
しかも今回は更に驚愕の意外性付きで、とってもお得な一冊かも。
 
プレッシャーを乗り越えた出来映えを評価して、若干おまけ気味の8点進呈!