ONE OUTS Vol.6

ONE OUTS v.6 (SHUEISHA JUMP REMIX)

ONE OUTS v.6 (SHUEISHA JUMP REMIX)

深夜アニメ放送時にはまった作品。野球なんだけど、これは野球じゃない。「LIAR GAME」の甲斐谷忍らしく、野球を舞台にしただけの完璧なギャンブル漫画。ペナント・レースをやってるだけなのに、ギャンブルとして成立する契約になってるのだ。
いやあ、しかし、それにしても、プロ野球というスポーツの世界の中で、ギャンブルとして成立させるための手数の多さはとにかく半端じゃないぞ。ギャンブル漫画独特の心理戦、ギミックやいかさま、裏の裏の裏の裏をかくツイストや意外性には、ホント頭が下がる。これだけの長さに渡って書き続けられるなんて、大尊敬しちゃうぞ。
ホントはスポーツなんだから、カード・ゲームみたいに数の大小で確実に勝敗が決まるなんてもんじゃないはずなんだけど、そこは目をつぶらなくちゃね。その「つぶらなくちゃね」が結構あるのが、この巻かも。なにせ本人だけではなく、別のメンバまで契約対象になってるんだからなぁ。
でも、やっぱりあの手この手の手練手管に、意外性・痛快性がたっぷりと味わえて良きかな、良きかな。やはり名作。