皆殺しの家

皆殺しの家 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)

皆殺しの家 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)

こんなおどろおどろしい題名なのに、その正体は珍奇トリック作品集。
 
バカミスと呼びたくなるほどのぶっ飛び度は全然無いのに、
普通のハウダニットの括りには収まりきれない程度の珍奇さ。
 
いわば、ザ・中途半端。
 
珍奇な状況を珍奇なトリックで説明されて、
そりゃそれで出来なくはないだろうけど、という感想を抱かされても、
読者としてミステリの興趣は味わえない。
 
せめて各短編の冒頭を無駄に潰してる、全編を貫く事件の真相が
何か興味深いものがあれば良かったんだけど、
これまたありがちなホワイダニットで興を削がれる。
もろにこれをテーマとした、ミステリ映画ファンなら知る人も多いだろう
サイコスリラー映画もあるわけだし。
 
但し、唯一の例外が五話目の「魔術的な芸術」
この作品だけは、珍奇な状況を真っ当な真相で説明し尽くしてる。
全てのホワイダニットが、きっちりと綺麗に収まる様はお見事。
これこそが本格ミステリでしょ。
この短編だけは「ベスト本格ミステリ」に収録されていい出来映え。
 
さすがにこの一編だけでは支えきれず、採点は6点。