ビブリア古書堂の事件手帖 5 栞子さんと繋がりの時

元々がミステリプロパーってわけじゃないんだろうし、簡単に息切れしちゃうんじゃないだろうかと思っていたが、いい意味で裏切ってくれる。
巻を追う度に良くなってきてるんじゃないか。
 
個人的にはこれまでの巻の中で一番好きかもしれない。
一話目の真相のずらしかたとか、二話目の推理の手順とか。
プロローグ・エピローグの構成もなかなか洒落ている。
ラブ展開も一応の決着を見せてくれるし。
 
採点は7点にしちゃおっと。